スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルたちのオウガバトル 2章2話Hpart



まったく寝付けずに徹夜で音当て、エフェクト追加、エンコードしたので昼にうpできました。
何かに没頭してたほうが気が楽ですし。

そして気付いたこと。
やっぱり自分は、この子らが大好きなんだわ、うん。

エンコード前、最後のチェックの時、作中の高木順一朗社長にお説教を食らったような気になったアホで愚鈍な二次創作Pですが、まー、コンゴトモヨロシクです。

以下格納。
・フィガロさんの生死
 初期のプロットではフィガロは死亡するはずでした。
 それを変えるか変えないかで一番悩んだ、というか、筆が止まってにっちもさっちも行かなくなったワケですがw
 雪歩なら、たとえそうなったとしても乗り越えてくれる。
 そんな強い子なので、安心してプロット段階でフィガロ死亡を決めてしまっていたのですが・・・。

 キャラクターって、よーするに創作者の写し身なんですよね。
 二次創作『作家』を気取っているだけのアマチュア未満の未熟者なんで、書いてる時のモチベーションとか、精神状態とかに、どうしても左右されてしまうわけですよ。
 ぶっちゃけ、今の自分には雪歩のそんな強さを描ききることができそうにありませんでした。
 脳内妄想と筆が暴走しすぎて、フィガロを埋めながら病んだ目でうっすらと笑う雪歩とか、何もできずに雪歩をそうしてしまったことに自責の念を感じすぎる伊織とか、春香とか。
 もうね、こうね、救いがない展開にばかり走っていって、制御できなかったのです。

 そんなわけで、なかば強引にフィガロさんには生きてもらうことになりました。
 それも、フィガロにとって最も不本意な形で。

 そんなわけで、「とてもか弱く、とても強く」以降の展開を書くのに、1月半かかりました。


 よしっ、遅くなった言い訳終了っ!


・フィガロさんのやりたかったこと
 フィガロはエンドラが暗黒面に落ちており、国ももう駄目だということを知っています。
 エンドラを本当は救いたかったんだろうと思います。国を立て直したかったんだろうと思います。
 しかし、それを許さないのが暗黒道という覇道。
 エンドラを唯一救う手段があるとすれば、それは死以外になく。
 フィガロはそれを選べなかった。
 だから、国や女王と心中する覚悟で、最期まで仕えることにした。

 ・・・と、ここまでは原作どおりの設定。
 ここに雪歩やら真やらのイレギュラーが入り込んできたからさあ大変。
 原作以上の板ばさみ状態になってしまったわけです。
 フィガロが本当に原作どおりなら、雪歩だろうと真だろうと、女王の為に、問答無用で切り伏せるかもしれませんが―――そのために、当然のように性格を改変しているわけです(外伝2雪歩編)
 Pのような立ち位置として。
 そして、苦労人っぽく、周囲に振り回されてあたふたしたりとか(外伝4真編)。

 結局フィガロは、エンドラ第一と言いながら雪歩のことを切り捨てきれず、信念やら誓いやら迷いやらなんやらでがんじがらめになってしまいました。
 最後は雪歩のワガママを聞き入れて、生きる道を選ぶわけですが、原作無視もいいところ。
 オウガファンは怒ってもいい。
 アイドルびいきで、アイドルにとって都合のいい展開にするために、フィガロ将軍の「らしさ」を殺してしまっているわけですから。


・雪歩は結局・・・
 今回の一連の流れには、大きな矛盾が見え隠れしています。
 主に雪歩の強さと、雪歩の起こした行動との間に。
 できれば、BGMに誤魔化されて欲しいな~、なんて。

 これも土壇場で脚本を書き換えた弊害です。


 これ以上はツッコミがあり次第随時答えていきたいと思いますが、今日はこのへんで。
 そろそろ眠くなってきたので、手に入れたばかりのあずみんVerFirstStage音源を、はせしーVerFirstStageの次に入れて、2曲をエンドレスで垂れ流しながら眠りたいと思いますー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 いや、とても素晴らしい結末だったと思います。
 原作でのデボネア-フィガロ戦のインパクトは大きく、私も彼の「言葉通りの死」しか予想できなかったので、良い意味で裏切られました。
 あの最終的な決断は、雪歩相手であったからこそできたんでしょう。

 ・・・って、実はデボネア-フィガロ戦って、自分でやって見たこと無いんですよw
 できるようにゲームを進めると、CF調整がさらに難しくなっちゃうんで。

No title

戦乱の世界にありふれた悲劇ではなく、今回の生存させる結末に至れたのは、雪歩だからこそ可能だった結末と思います。死を乗り越える強さもあれば、生存させることを諦めない強さもあるんだと思いました。物語を考える場合、おそらく、盛り上がる死なせ方よりも、盛り上がる生き残らせ方を考える方が難しいはずで、安易に前者を選択しなかった判断は素晴らしいです。今後も頑張って下さい。

No title

>名無しさん
 ありがとうございます。
 武人としての死を本当にフィガロ将軍が受け入れられるかどうか、すごく怪しいですが、その理由付けに「雪歩だからこそ」をこれでもかとフィガロ本人やら伊織やら社長を通してこじつけてみたのですけど。
 はい。そう言っていただけると、凄く、嬉しいです。

>安易に前者を選択しなかった判断
 製作者のモチベーション的な意味で、前者を選択できなかった、というだけの話なんです。
 これがもし、「盛り上げるために安易に人死に描写に頼ってたまるもんか!」という意思でやってのけたのなら、カボチャももっと自信を持ってHpartを送り出せたんだろうと思います。

 ……って、こんなチラシ裏、黙っておけば分からないのにね(汗



 そして、Hpartにて致命的なミスを発見。
 やっべ、最後にフィガロ将軍から真に関係していそうな情報を聞くイベントを忘れてたorz
プロフィール

ほうとうの具P

Author:ほうとうの具P
ニコニコ動画にてアイマスの二次創作を続けるニコマスP。
一番好きなキャラは千早。春香や律ちゃんやいおりんも大好き。
真もあずささんも雪歩も美希もやよいも亜美真美も響も貴音も小鳥さんも好きだったりする。
あと、愛も涼ちんも絵理も(ry
つまりアイマスが好きなんだ、うん。
連絡先↓
akira_rei3910*yahoo.co.jp(*を@に変換)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。