スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うpしました。アイドルたちのオウガバトル幕間4

サムネ、自重できませんでしたorz





以下、今回のヘヴィな話の反省というか懺悔のため格納。



 剣を持って戦う以上、アイドル達も「負傷」します。
 そうして受けた「傷」は、どうなるのでしょうか・・・?
 山川出版Pの「戦国アイドルマスター」は、飛ばされた先の世界の謎を絡めてうまく説明付けました。「回復魔法」のある、ファンタジー系の戦記も、おそらく、問うまでもなく傷が残らないよう完治しているのでしょう。

 ですが、オウガ世界の「ヒーリング」は、肉体が消滅した者に「リザレクション」が効かないように万能ではありません。
 隻眼のタルタロス、オリビアの顔の傷など、たとえ治癒魔法があったところで、「傷は残る」のです。

 それは女の子として、アイドルとして致命的なこと。
 春香は、この世界に来て、最も信頼し敬愛している人と、その人と共に目指した夢とを、同時に失いかけているという事態に陥っています。
 本当は、もっと時間を掛けて、深くその辺りを描写したかったのですが・・・。
「太陽のジェラシー」では尺が足りなかったようですね(汗

 この「春香と千早4」は、本当に最後の最後まで入れるかどうか悩みました。
 何度、ただ温泉で2人イチャイチャするだけのニヤニヤエピソードだけで済ませようとメモ帳を捏ね繰り回したことか。

 でも、やっちゃいました。
 タブーに触れてみました。
 けれど、動画を投稿した後で言うのもなんですが、失敗だったかもしれません。
 理由のひとつが、上に挙げたような「春香の絶望」を深く描写できなかったからです。

 ぶっちゃけると、この問題は、すぐに解決します。
 すぐに解決してしまうからこそ、タブーに触れたからには、それ深く突き詰めなければならなかったのです。
 それができなかった以上、このエピソードは「あってもなくても変わらないもの」、「下手に話を重くしただけのもの」となってしまいました。
 自分で決めた設定を活かせず、「今まで誰も触れてこなかったことにただ触れただけ」「触れて手垢を残したいという自己満足」に終わってしまいそうで…かといって、これ以上春香さんを落ち込ませてもテンポが悪くなるだけなので、後から補完することも難しいときたものです。

 一応、次の「幕間5」までに足掻いてみますが・・・。
 今後は、このような中途半端がないよう、もっとしっかりとエピソードを練っていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほうとうの具P

Author:ほうとうの具P
ニコニコ動画にてアイマスの二次創作を続けるニコマスP。
一番好きなキャラは千早。春香や律ちゃんやいおりんも大好き。
真もあずささんも雪歩も美希もやよいも亜美真美も響も貴音も小鳥さんも好きだったりする。
あと、愛も涼ちんも絵理も(ry
つまりアイマスが好きなんだ、うん。
連絡先↓
akira_rei3910*yahoo.co.jp(*を@に変換)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。